お酒、タバコとペニス増大

ペニス増大情報局|ペニスを大きくする方法は?

MENU

お酒やタバコはやめた方が良い?

ペニス増大を成功させるなら、健康的な体である方が望ましいのです。健康な体であれば血流の流れも正常ですので、ペニスへの血液供給も順調でしょうし、栄養の供給も問題ないはずです。

 

ですが、もしメタボ体系で血液ドロドロだったりすると、血液が循環のスムーズではないので、勃起時のペニスへの血液供給などに少なからず支障が出ます。増大サプリなどで血流量アップを狙っても、思うような効果を発揮しないかもしれません。

 

こんなことを頭に入れながら、お酒やタバコがペニス増大にどのような影響を与えるのか考えてみることにしましょう。

 

お酒は、適量なら良い効果も期待?

お酒

 

お酒とペニスの関係で、一番最初に思いつくのが、「お酒を飲むと勃起しにくい。」「女性とエッチできない。」と言うことではないでしょうか?

 

経験がある人もいるでしょうし、噂として耳にしただけの人もいるでしょうが、実際に起こる現象です。では、この事実はペニス増大に悪影響があるのでしょうか?

 

お酒を飲むと酔います。酔うということは、脳がお酒に影響を受けているのです。脳が影響を受けると、性的欲求や思考を制御してしまいます。ニュアンス的には安全装置に近いものでしょう。

 

つまり、お酒を飲むと酔っ払って、体に様々な変化が出るので、脳の立場としてはその対応だけで手一杯で、性的なことへの余裕がなくなるのです。

 

ですが、このことがペニス増大に悪影響を与えるとは考えにくいです。直接的な影響はないと言っても良いでしょう。

 

ただし、大量のアルコール摂取は、脱水症状を起こします。ほろ酔い程度でも、呑んだ次の日にのどの渇きを感じる人も多いでしょう。それが脱水症状です。

 

脱水症状は体の水分が不足している状態ですから、血液が濃くなります。血液が濃くなると血流が悪くなるので、少なからずペニス増大には悪影響があります。

 

「お酒を飲むとエッチできない。」は、ペニス増大に直接悪影響のある話ではありませんが、お酒の飲みすぎはペニス増大には悪影響です。良く言われることですが、お酒は適量でやめておくのが無難です。

 

人によってお酒の影響を受けるレベルが違いますが、「少し気分が良くなり、体がちょっとポカポカする。」この程度が適量で、血流量もアップし、逆にペニス増大には良い影響があるかもしれません。

 

とは言え、適度に血流量がアップする程度の飲酒というのも難しいものです。体感できなくても、お酒を少しでも飲めば血流は上がっているでしょう。

 

酔いが体感できるまでお酒を飲むようなことはやめて、決まった少量(適量)のお酒を楽しむようにしてください。また、健康のためにも毎日の飲酒は避けて、休肝日を設けるようにしましょう。

 

タバコは、百害あって一利なし?

たばこ

 

健康を害する嗜好品の代表格であるタバコ。いきなりですが、ペニス増大に関わらず、タバコはやめた方が良いです。その理由は説明するまでもないので説明しませんが、肺だけではなく様々な器官に悪影響を及ぼし、人体に深刻なダメージを与える可能性があります。

 

とは言え、タバコをやめられない人も多くいると思います。タバコをやめるのに大きなストレスを感じるくらいなら、タバコを吸っていた方が良いとも思います。でも、ペニス増大をキッカケに、タバコをやめることを考えてみてはいかがでしょうか?

 

タバコをやめることで、健康的な体を手に入れる。大きなペニスも手に入る。まさに一石二鳥です。

 

タバコは血流量を著しいく低下させます。興味があれば、詳細はあなた自身で調べて欲しいのですが、(怖い話も一杯あるので、禁煙しやすくなります。)タバコの煙を体内に入れることで、赤血球の量が異常に増加し、血液ドロドロになります。また、ニコチンの摂取により、血小板が影響を受け粘度が増してしまい、ドロドロ血液を招きやすくなったり、塊となって血流を直接阻害することもあります。

 

ペニスへの血液の供給を考えたとき、まさに百害あって一利なしです。健康にとっても百害あって一利なしです。

 

ペニス増大成功の鍵となる大切な要素に「血流」があります。血流を阻害するような行為である喫煙は、ペニス増大にとって悪影響以外の何者でもないです。

 

タバコは1本吸っても1箱吸っても一緒みたいなことを言われますが、それは喫煙としての話であり、体への影響は少なければ少ないほど良いのです。

 

タバコがやめられないのなら、軽いタバコにしたり、本数を減らしたり、少しでも体とペニス増大に悪影響がないような努力をしてください。