ミルキング

ペニス増大情報局|ペニスを大きくする方法は?

MENU

ミルキングのやり方と使い方

ミルキングはペニス増大トレーニングのひとつで、ジェルキングとセットで紹介されることが多いです。

 

と言うのも、コンセプトがジェルキングと全く同じで、やり方が違うだけだからです。

 

別な見解では、ジェルキングをローションなどの潤滑剤ナシでできるように改良されたのが、ミルキングだとも言われています。

 

ミルキングのやり方は、ペニスの付け根側から順番に指に力を入れるように、ペニスを握るだけです。

 

ペニスを逆手(亀頭側に小指)で握るのであれば、人差し指、中指、薬指、小指と順番に力を入れて握って行き、亀頭に向かってペニスを圧迫していきます。

 

これを片手でも、両方の手で交互にでも、繰り返し行うのがミルキングです。

 

持ち手は順手でも逆手でも良いのですが、逆手だと親指が付け根側に来るので血流を止めやすく、ペニスへの圧迫が強くなる傾向があります。

 

ミルキングはローションのいらないジェルキングとも言われていますが、実際にやると肌が痛くなると思います。何度も握るので、ペニスの皮が痛くなってしまうのです。

 

なので、ローションを使うなど、何らかの対策は必要です。

 

また、手でペニスを握るので、ペニスを確認しながら実践することができず、思わぬ怪我をすることがあります。

 

握り方によっては、亀頭への圧迫力もジェルキング以上になるので、亀頭の怪我も少なくありません。

 

そのような観点から、ミルキングのオススメの使い方は、ローションの必要ないジェルキングではなく、ジェルキングとセットで実践するペニストレーニングと思った方が良いでしょう。

 

ジェルキングは回数をこなすもの。ミルキングは強く圧迫できるもの。こう考えて、ペニストレーニングをセットで行うのです。

 

はじめは ジェルキングで回数をこなし、仕上げにミルキングで強くペニスにプレッシャーを掛ける。

 

逆にミルキングから初めて、ジェルキングで終わるのもありです。

 

似たような効果をペニスに与えるのですが、特徴は少し違うので、実際に自分でやって工夫してみてください。

 

ちなみに、ミルキングのトレーニングだけでペニス増大に成功したと言う口コミを、自分は見たことがありません。

 

ミルキング関連での成功例としては、ペニス増大サプリとジェルキングを実践していて、ミルキングで強めのトレーニングも組み合わせたなどです。

 

やはり、基本はジェルキングだと思うので、ミルキングだけではなく、ジェルキングとセットで行うトレーニングとして検討してください。