引っ張る、つぶす、ペニス増大トレーニング

ペニス増大情報局|ペニスを大きくする方法は?

MENU

オーソドックスなペニス増大トレーニング

ペニス増大トレーニングには、ジェルキングやミルキングなどの王道トレーニングがある一方、ただ引っ張ったり、潰したり、叩いたりといった、オーソドックスなペニス増大トレーニングもあります。

 

説明するまでもないかもしれませんが、引っ張るのはペニスを手で引っ張ります。

 

手でOKマークをつくるようにカリ部分をつかみ、そのままペニスを引っ張るだけです。

 

引っ張っている時間や強さなどの決まりはありません。引っ張る方法もいろいろです。

 

実践している人の方法を参考にすれば、引っ張る方向はあちこちで、グルグル回したりもするそうです。

 

慣れるまでは強く引けないそうですが、最終的に引っ張る強さは腕の力の限界までだそうです。

 

これを5分から10分やっているようです。

 

同じ引っ張る方法でも、牽引器具と違い短時間でお金も掛かりません。しかも、ペニス増大サプリとの相性も良く、別なトレーニングとも相性が良いので、単純すぎる方法ですが、意外とペニス増大成功者も多いです。

 

成功者は「ペニス増大サプリ+手で引っ張る」または、「ペニス増大サプリ+ジェルキング+手で引っ張る」などです。

 

牽引器具やペニス増大ポンプを使う前に、手で力いっぱい引っ張っている人も結構いるようです。

 

オーソドックスなトレーニングですが、ストレッチ的な感覚で、チントレ前にやっている人がいると言うことです。

 

ペニスを手で潰したり、叩いたりは、引っ張る以上に危険なのでオススメできませんが、太さを得られたとの情報もあるので、侮れないかもしれません。

 

勃起状態のペニスの竿部分を、手で力いっぱい潰したり、ビール瓶などで叩いたりします。

 

想像しただけでも怪我しそうですが、どちらも加減は出来ますので、怪我をしない範囲内で優しくやると良いかもしれません。

 

ただ、レビューを探して見てみると、怪我とペニスの太さを得られるかは紙一重みたいなので、怪我しないギリギリの感じで力強くやっているようです。

 

どうしても実践したいなら、ペニスの下には尿道もありますので、十分な注意をして実践しましょう。

 

ペニス増大器具も、トレーニングも、全てに言えることですが、失敗すれば最悪ペニスが使い物にならなくなります。尿道もありますので、私生活に影響が出る可能性もあります。

 

絶対に無理だけはしないようにしてください。

 

ペニス増大サプリが安全なペニス増大方法だと言うのは、このようなことから言われているのです。