ノコギリヤシ

ペニス増大情報局|ペニスを大きくする方法は?

MENU

ノコギリヤシの働きとは?

年齢を重ねることで起きてしまう病気として夜間頻尿が挙げられます。その原因のひとつして言われているのが前立腺肥大です。

 

この前立腺肥大の改善と予防する効果、更には排尿障害の改善に良いと言われているのがノコギリヤシです。

 

あまり聞き慣れないものですが、北アメリカ南東部全体で育つヤシ科のハーブ。名前の通り、ノコギリ状の特徴のある葉を持ち、その葉にはトゲが一杯で、うっかり触ると傷をつけてしまうこともあります。

 

ノコギリヤシをみつけたのは、アメリカの原住民と言われています。インディアンがこの果実を滋養強壮や利尿剤の代わりとして用いてました。

 

1990年にはフランス人のシャンポールによって、前立腺肥大症に効き目があると報告されたことで、世界の注目を浴びるようになりました。このように古くから使われて来たのですが、認められたのはつい最近のことなのです。

 

成分である果実エキスは、現在ヨーロッパでは医薬品として認められ、前立腺肥大の治療に使われております。この果実エキスには、脂肪酸を多く含み、酵素の働きを抑えることで、前立腺肥大だけでなく、精力減退防止にも働くと言われます。

 

ノコギリヤシが持っているβシトステロールがコレステロールの吸収を防ぎ、健康かつエネルギー増強の役目を果たします。その結果、滋養強壮にも良く、精力向上にも繋がると言われています。

 

前立腺とは、男性だけが持つ特有の臓器で、内線と外線に分かれています。尿道に近い内線に結節が生まれ、この結節が外線を圧迫することで、前立腺が肥大してしまい、頻尿と言う結果になるのです。

 

男性では、50歳以降で50%、70歳以降では70%と非常高い確率でこの症状をきたすことがわかっております。

 

ノコギリヤシの効果は、果実エキスを1ヶ月間実験の結果、夜間頻尿が3回以上だったものが、1.7回程度に減ったことが判り、改善が出来たことが判明しています。

 

睡眠にも影響が出て来て、健康被害も考えられますので、病院へ行くのがどこか億劫という方にも良いでしょう。また、ノコギリヤシには皮脂の分泌を抑えることができるので、結果抜け毛を防ぐ効果があるとも言われています。

 

ノコギリヤシには、5αリダクターゼを抑制する働きもあると言われているので、前立腺肥大や毛髪の脱毛に効果があると言われているのですが、5αリダクターゼはテストステロンの正常な働きを阻害するとも考えられているので、ペニス増大にも影響があると考えられます。

 

テストステロンが正常に働いていれば、男性らしさのために大いに役立ちます。つまり、ペニスの成長などにも期待が持てるのです。

 

ところが、様々な理由で5αリダクターゼの働きが活発になっていると、テストステロンは正常に活動しませんので、ペニスの成長が期待できないだけではなく、前立腺肥大による頻尿や毛髪の脱毛などが進んでしまう可能性が出てきます。

 

なので、ノコギリヤシの力を借りて、5αリダクターゼを抑制しておくことが、テストステロンの正常な働きに期待が持て、精力回復やペニス増大に期待が持てるのです。

 

ノコギリヤシで、正常な男性ホルモンの分泌や働きに期待できることで、他のペニス増大成分の働きにより、ペニス増大に期待が持てるという感じです。

 

どんなに頑張ってペニス増大をしていても、5αリダクターゼに男性ホルモンであるテストステロンが阻害されていては、なかなかペニス増大が上手くいかないケースもありえるのです。

 

ペニス増大サプリなどで、適切な成分を摂取して、ペニス増大を成功させてください!