ガラナ

ペニス増大情報局|ペニスを大きくする方法は?

MENU

ガラナは古くから男性を助けてきた?

ガラナはアマゾン川流域を原産地とする、「ムクロジ科」のつる植物です。

 

房状の赤くて小さい丸い実を付けるのですが、この様子はガラナを配合した製品のイラストなどで見かけたことがある人も多いかもしれません。

ガラナ

 

この実はさらに熟すると弾けて、黒い種子が現れます。そして、この種にはカフェインやタンニンなどの有効成分が多く含まれる事が知られています。

 

古くから、アマゾン川流域ではこの実をアルコール抽出したエキスなどが、疲労回復や精力向上、滋養強壮に効果があるとして用いられてきました。

 

現地では、ガラナの木に関して、蛇に関する伝説があります。

 

一般的に蛇は男性器の象徴として考えられますので、古くからガラナの精力向上の成分が、注目されていた事のあらわれだと言えるかもしれません。

 

成分に注目して見てみると、ガラナに含まれているガラニンは、カフェインと同じような作用をします。カフェインはご存知のとおり、コーヒーや眠気覚まし等に含まれている成分です。

 

その作用として、覚醒作用や脳細動脈収縮作用、そして利尿作用などがあります。しかも、ガラナのカフェイン効果は、コーヒーの3倍とも言われています。覚醒作用は元気の源ともなりますので、精力面への効果にも高い期待が持てます。

 

更に、この覚醒作用は血流の増加にも期待が持てます。心臓の働きを高めることで、血流がアップするのです。血流の増加は、ペニス増大に大きく関わってくると考えられるので、その働きへの期待は高くなります。

 

ガラナはガラニンの他に、タンニン、カテキン、テオブロミン、テオフィリン、キトサン、サポニン、コリン、リンゴ酸などを含んでいます。

 

余談になりますが、渋み成分でもあるタンニンは、ポリフェノールの一種で、抗酸化力を持つことが知られているのですが、味的にタンニンだけを摂取すると言うのは、なかなか難しいでしょう。

 

良薬は口に苦しと言う言葉がありますが、こういった有効成分を摂るために、人々は古くから様々な工夫をしていたという事です。

 

そのひとつの伝統的な摂取方法として良く知られているのが、グアラニー族の利用方法です。

 

どのようなものかを少し説明すると、まず種皮をむいて洗った種子を、一旦粉末にしてから練って固形状にします。そして必要に応じて、すりおろして湯に溶かし、砂糖などを入れて甘くします。

 

これは現在でも同様で、抽出成分をキャンディーに配合したり、チョコレートに入れたり、また炭酸飲料などに加えたりして、滋養強壮や精力向上の成分を損なわないで、簡単に体に取り入れるように色々と工夫して活用されています。

 

古く昔から用いられてきた植物ガラナ。特に男性を意識させるところなんかは、古くから男らしさの象徴であるペニスサイズの増大に貢献してきたのかもしれません。

 

ガラナの覚醒効果による滋養強壮や血流アップ効果に期待をよせつつ、ペニス増大の成功をつかみとりましょう。