アルギニン

ペニス増大情報局|ペニスを大きくする方法は?

MENU

アルギニンの精力向上効果などがペニス増大に!

大豆、鶏肉

 

アルギニン、非アミノ酸でルピナスの芽から発見されました。主な効果としては、筋肉増強の役目をしたり、体の免疫力を高めることになります。また、アンモニアを解毒すると言う働きもあります。

 

この成分は、一般的には体内で合成されますが、子供の頃では残念なことに生成能力が十分ではありません。そのためその不足分を取り入れる必要があり、食事などから摂取することになります。

 

そんな成分が含まれているとされているのが、鶏肉、大豆、高野豆腐と言われます。

 

ただ、過剰摂取することで、お腹を壊してしまう恐れもあり、その防止のためにも柑橘系の物とか、酢の物、カツオやマグロなどを一緒に摂取すると良いと言われています。

 

摂取されたアルギニンは、多くの効果が期待されます。血管状態の改善と言うことで、血管を拡張することで血の流れをよくする働きがあります。

 

そのため動脈硬化、心筋梗塞の改善から脳梗塞や高血圧にも良いとされるのです。それは、体内で一酸化窒素を作り出すことで、血圧を調整する働きが大きいと言われます。

 

更には精力増強、滋養強壮に良いとされるアルギニンの働きが、元気な身体を保つ成長ホルモンの分泌の促進効果があります。そのため、老化防止にも役立つと言われ、中年以降の男性には嬉しいEDの改善の働きもします。

 

特に精子の数を増やし、精子の運動を高めることで若さを取り戻すことも期待できます。

 

健康的な成人男性は、アルギニンの不足を感じることは少ないのですが、生活習慣病のような症状ではこの働きが低下してしまう恐れがあり、性機能の問題を起こす可能性があると言われます。

 

そこで、強壮剤などのアルギニンを補うことになります。

 

ED改善を目的してバイアグラなどの医薬品を服用する人も少なくないですが、くすりは 飲んだときだけですが、アルギニンなどの成分は改善が狙えるので、ED改善をしたい人も積極的に摂取すべき成分なのです。

 

副作用の心配が全くないことから、安心して服用できるのもバイアグラなどの勃起薬とは違うところです。勃起不全、男性不妊の方には、欠かせない成分とも言えるでしょう。

 

そして、これらの効果はペニス増大にも役立ちます。シトルリンとの相互関係をもつ成分ですから、アルギニンはシトルリンとも相性が良く、ペニス増大サプリには両方配合されていることが多いです。

 

血流を促し、ED(勃起不全)の改善が期待できるほどの勃起力は、ペニス増大になくてはならない働きです。また、精子の生成や精力増強は、男性ホルモンに関わるものなので、これもペニス増大には大きく役立ちます。

 

男性としての力の源になりつつ、精力全般をも補って、ペニス増大に貢献してくれるありがたい成分アルギニン。これらの働きを考えれば、シトルリンと共にペニス増大サプリの主成分になるのも当然のことといえるでしょう。