ペニス増大サプリの配合成分

ペニス増大情報局|ペニスを大きくする方法は?

MENU

ペニス増大サプリの成分について

ペニス増大サプリには沢山の成分が配合されています。増大サプリによっては、100種類以上もの成分が配合されていますので、本当に豊富な種類の成分が使われているのです。

 

有名な成分からマイナーな成分まで、成分といっても様々なので、それら成分の働きをいくつか紹介していきます。

 

血行促進、精力増強、滋養強壮、疲労回復などなど、それぞれ持っている働きが違かったり、似ていたりもしますが、直接ペニス増大につながらないような働きを持つ成分もあります。

 

ですが、健康でなければペニス増大は狙えませんので、そんな狙いからもペニス増大サプリによっては配合されているものもあるのです。

 

なので、ペニス増大とは直接的には関係ないように思える解説も一部含まれますが、配合成分として解説をしていますので、気になる成分は一度チェックしてみてください。

 

ペニス増大サプリに配合されている成分記事一覧

シトルリンは、スイカやきゅうり、ゴーヤなどに含まれているアミノ酸の一種です。全身の血流を改善するための一酸化窒素が含有されているので、新陳代謝を高める働きがあります。血流が良くなると、冷え性を改善したり、男性の下半身の機能向上が期待できます。血管が拡張すると、対外に老廃物を排出しやすくなりますし、むくみを改善しやすくなります。ウリ科の野菜に豊富に含まれていますが、食品だけで補うのは難しいため、サプ...

マカは南米ペルーのアンデス地方に住む人々の、生活に欠かせない役割をはたしてきたと言われてます。標高の高い赤道直下の土地の、厳しい条件下で育ったマカは、たんぱく質や各種ビタミン、ミネラルや栄養素が豊富に含まれています。天然のバイアグラと言われ、亜鉛やアルギニンやアスパラギンが含まれていて、男性には優れた精力増強効果や滋養強壮効果が望めます。マカには即効性は期待できませんが、飲み続けていくことで男性と...

アルギニン、非アミノ酸でルピナスの芽から発見されました。主な効果としては、筋肉増強の役目をしたり、体の免疫力を高めることになります。また、アンモニアを解毒すると言う働きもあります。この成分は、一般的には体内で合成されますが、子供の頃では残念なことに生成能力が十分ではありません。そのためその不足分を取り入れる必要があり、食事などから摂取することになります。そんな成分が含まれているとされているのが、鶏...

亜鉛は数あるミネラル成分の中でも、非常に重要なものの1つです。食品では牡蠣やレバー(特に豚肉)、貝類などに多く含まれています。その主な効果としては、新陳代謝の活性化やタンパク質の合成、アルコールの分解促進などがあります。亜鉛が不足してしまうことで現れる症状としては、味覚障害があります。味の感じ方が鈍くなったり、味を感じなくなったりした時は注意が必要です。また、女性の肌をきれいに保つために不可欠な成...

滋養強壮や男性が持つペニスの悩みを解消してくれると、人気となり定着した成分がトンカットアリです。東南アジアの国々では、古くから薬剤と親しまれてきました。聞き慣れない成分かもしれませんが、ペニス増大サプリ、精力サプリなどに配合され、トンカットアリを単体で服用する人もいるほどです。このトンカットアリは、インドネシア、マレー半島地方などの鬱蒼とした原始林の中で育ち、自然栽培によって収穫されています。人的...

冬虫夏草は、中国で古くから不老長寿の薬草として、珍重されてきました。名前を見ると虫や草を想像してしまいがちですが、実はキノコの一種です。普通、キノコと言えば木や地面に生えているものを思い浮かべますが、冬虫夏草はセミやクモなどの昆虫に寄生した、キノコを総称したものをさします。非常に珍しい自然現象で、世界中でも300種あまりしか発見されていません。冬虫夏草には、さまざまな効果効能があることが知られてい...

体に必要とされる成分は実に多くありますが、トリプトファンもそのひとつです。その名前は雑誌やテレビなどでも取り上げられていますので、耳にしたことがある方も多いことと思います。トリプトファンがどんなもので、どんな働きがあり、ペニス増大にどう関わってくるのか知りたいところですが、まずは、トリプトファンの働きを知っておきましょう。トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、良質な睡眠には欠かせない成分です。毎日...

朝鮮人参という言葉は良く耳にすると思います。これは、オタネニンジンというもので、ウコギ科の多年草です。原産地は中国から朝鮮半島にかけての地域になります。名前が「人参」ですから、人参の仲間と同一視されそうですが、人参がセリ科という点を考えれば、別の種類という事がいえます。さて、そんな朝鮮人参ですが様々な成分が含まれています。薬用部位は主に根にあり、ジンセノサイドと呼ばれるサポニン群がそうです。ジンセ...

毒蛇として知られているマムシですが、その一方で、昔から滋養強壮や精力増強の妙薬として珍重されてきました。乾燥したものを粉末にして飲んだり、酒に漬け込んだり、またはスッポンのように血を飲んだり、料理にして食べたりする場合もあります。マムシのようなものを食べるなんて、なにかの迷信と思ってしまいそうですが、実はそんなことはありません。実際に科学的な分析をしてみると、マムシには、滋養強壮や精力増強の有効成...

スッポンを最近食べられましたか?このような質問をされてYesと回答する人は少ないかと思います。普通に考えて、一般の食卓に並ぶ定期的に並ぶような、ありふれた食材ではありません。思い浮かぶ料理としては、美味しい出し汁が出るので鍋や雑炊です。吸い物として日本では高級料理として知られています。専門店や料亭などでは、食前酒としてスッポンの血を、ワインなどで割ったものが出される事もあります。また、甲羅を乾燥さ...

オルニチンと言えばシジミと言うくらい、シジミに含まれているのが有名な成分がオルニチン。ちなみに、日本でシジミと言えば島根県の宍道湖が、ヤマトシジミの漁獲高日本一で知られている場所です。そんなシジミに多く含まれるオルニチンですが、これまで二日酔いに良い成分であることが知られてきました。ですが、オルニチンに秘められたパワーは二日酔いに良いだけではないのです。まだ、あまり知られていない、オルニチンの気に...

ガジュツと言うのは、アジアなどで生息をしているしょうが科の多年草です。日本では、沖縄や屋久島、種子島などでも栽培を行っています。ガジュツは、秋ウコンや春ウコンに比べると、寒さに弱いため、栽培が難しく希少性が高いのが特徴になっています。ウコンはカレー粉に含まれているのでなじみがありますし、飲酒をした時に服用するというイメージがありますが、ウコンにはいくつかの種類があります。秋ウコン、春ウコン、紫ウコ...

ハチの社会にも人間顔負けの序列があり、女王蜂と働き蜂がいるのはよく知られています。それでは、女王蜂は他のハチ達とは、どう違うのでしょうか?まず、女王蜂は体の大きさが、働き蜂に比べて1,5倍以上も大きいのです。そして、一日に2000個近い数の卵を産むことができるパワーを持っています。その上に、寿命は働き蜂の10倍以上もの長寿であると言われていますから、恐るべし女王蜂の生命力と言えるのです。では、その...

ガラナはアマゾン川流域を原産地とする、「ムクロジ科」のつる植物です。房状の赤くて小さい丸い実を付けるのですが、この様子はガラナを配合した製品のイラストなどで見かけたことがある人も多いかもしれません。この実はさらに熟すると弾けて、黒い種子が現れます。そして、この種にはカフェインやタンニンなどの有効成分が多く含まれる事が知られています。古くから、アマゾン川流域ではこの実をアルコール抽出したエキスなどが...

「アカガウクルア」は別名「ソフォン」と呼ばれている、インドやタイのメコン川流域の熱帯雨林に生息をしている天然の植物です。この植物由来の成分が、そのままの名前でアカガウクルアやソフォンとして使われています。インドやタイなどでは、根の部分をすり潰して、蜂蜜などを加えて現代でも食材として食べられています。抗炎症作用やストレスを緩和する働きがあるため、体の疲労を回復させる滋養強壮効果や、男性ホルモンの分泌...

健康や美容のために、健康食品やサプリメントを利用されている方は多いですが、やはり良い効果を得るためには、それぞれの目的に合ったものを選ぶことが大切です。注目される成分は実に多くありますが、ワイルドヤムは崩れてしまったホルモンバランスを整えるのに、男女共に役立つと言われており、さまざまなサプリに配合されています。ワイルドヤムは植物で、山芋の一種です。原産地はメキシコで、比較的幅広い地域に自生していま...

年齢を重ねることで起きてしまう病気として夜間頻尿が挙げられます。その原因のひとつして言われているのが前立腺肥大です。この前立腺肥大の改善と予防する効果、更には排尿障害の改善に良いと言われているのがノコギリヤシです。あまり聞き慣れないものですが、北アメリカ南東部全体で育つヤシ科のハーブ。名前の通り、ノコギリ状の特徴のある葉を持ち、その葉にはトゲが一杯で、うっかり触ると傷をつけてしまうこともあります。...

ロディオラとは、学名でロディオラ・ロゼアと呼ばれています。うつ病などに精神的な部分に働きかける他、滋養強壮などの効果があると言われており、精力増強にも役立つとされています。ロディオラ・ロゼアは、別名イワベンケイと呼ばれてます。イワベンケイは、ベンケイソウ科に属し、被子植物の科の一つに数えられます。多肉質の葉そして茎を持っていて、水を貯蔵できるようになっているのです。主にアフリカ、北半球といった水が...

ムイラブアマは南米のアマゾン川周辺に生息をしている背の低い低木です。生息している地域が限られているため、とても希少性の高いハーブのひとつとされています。根や皮など全てに効能があり、捨てる部分が無いくらい、あらゆる部分に有効成分が含まれているのもムイラプアマの特徴です。ムイラブラマは全身の血流を良くしたり、体温を上げる働きがあるために、抗ストレス作用や精力改善、勃起障害に役立つといわれています。血流...