牽引器具

ペニス増大情報局|ペニスを大きくする方法は?

MENU

牽引器具とは?

 

ペニス増大器具で代表的なものが、ペニス増大ポンプとペニス牽引器具です。

 

ペニス牽引器具は、ペニスのカリに引っかかるように固定し、ペニスを引っ張る方向で力を掛け続けられる器具になります。ペニスを長時間引っ張ることで、自然とペニスが長くなるという理論です。

 

代表的なペニス牽引器具は、アンドロペニスです。他にもいくつか製品がありますが、販売実績で言えば、アンドロペニスがダントツでしょう。

 

販売されている期間が長く、海外でも使用されているので、ペニス増大の定番商品のひとつといえる存在なのです。

 

以下、メリット、デメリットなどは、牽引器具の代表格である「アンドロペニス」を例に説明します。

 

 

アンドロペニスのメリットは?

アンドロペニスゴールド

 

アンドロペニスのメリットのひとつは、長期間の販売実績があるので、安心して利用できることです。

 

多少の改良はされてきていますが、基本的な構造は変わっておらず、長年ペニスの悩みを解消してきた製品としての実績があるので、安心感を得られます。

 

もうひとつのメリットとして、単純にペニスを伸ばすようにして使用するだけなのですが、それがむしろペニスが長く伸びるように感じられるので、使っていてペニス増大への期待感が高まり、モチベーションのアップにもつながります。

 

シンプルだからこそ得られる期待感は、使うことをもし使ってみたらとイメージすれば、容易にわかるのではないでしょうか?

 

アンドロペニスのデメリットは?

アンドロペニスの装着

 

アンドロペニス最大のデメリットは使用時間がとても長いことです。9時間程度の装着が推奨されているのですが、夜寝ている間の使用が禁止されているで、日中に9時間以上の使用をしなければいけません。

 

朝起きて、会社や学校へ行くのに、アンドロペニスを装着できれば問題ない時間ですが、それはなかなか難しいでしょう。

 

理由としては、トイレに行くときには外さなければいけない。約1時間に1回は外さなければいけない。そもそも、装着していると目立ってしまう。などの問題点があるからです。

 

トイレに行くのに、毎回個室に入るのは男性として辛いケースもあるでしょう。

 

痛みが出るまでの時間には個人差はありますが、1時間~2時間で痛みが出ますので、痛みが出る前に外すのですが、そのたびにトイレの個室に入るのも大変です。

 

仕事などの生活環境によりますが、これらの条件をクリアーするのは、なかなか容易ではないと思います。

 

また、少し触れましたが、アンドロペニスは痛みを伴うペニス増大器具です。

 

カリ付近をシリコンバンドで締め付け、そのまま引くように牽引して固定しますので、血の巡りが悪くなり、結果としてペニスの付け根近辺に痛みが発生します。人によってはカリの近辺が痛くなるようです。

 

アンドロペニスに慣れれば、痛みが出るまでの時間は多少長くなるのですが、痛み自体はどんなに慣れても必ず出ます。この痛みの問題をどうするかがアンドロペニスのポイントとなるのですが、解決策がないのが現状です。

 

これらのことを考えると、いつでもトイレに行けて、好きなときに外すことのできる自宅で利用するのがベストなのですが、自宅でも家族がいるとなかなか難しいかもしれません。

 

このようにアンドロペニス自体を使用できる人は、かなり限定されてしまうように思えます。

 

ただし、時間は4時間で済む方法もあります。なので、帰宅後の夜の時間で済ませることもできるのですが、アンドロペニスの長さをハイペースで伸ばしていくので、痛みに耐えられないどころか、装着自体が困難になるケースが多いようです。

 

また、4時間での使用方法は、通常の使用方法のような効果が期待できないと言われています。

 

アンドロペニスの効果は?

 

ペニス増大全てに言えることではありますが、効果にはやはり個人差があります。

 

アンドロペニスを数ヶ月使用しただけで、数センチ伸びてしまう人もいれば、1年以上使っていても、全く変化のない人もいるのです。なので、アンドロペニスを使ったからといって、全ての人がペニス増大に成功するとは限りません。

 

ただ、成功している人、失敗している人を見ていると、頑張って毎日使っている人は、ミリ単位でも増大に成功しているように思えます。

 

逆に、失敗している人は、毎日使用していなかったり、使用時間が短かかったり、一時的に使用を止めてしまっているなど、それなりの失敗理由があるように思えます。

 

どこで成功と失敗の線引きがされてしまうのかはわかりませんが、努力したり、工夫している人は、増大成功に近いように思えます。

 

毎日使っても痛くなりにくいように改造したり、ペニス増大サプリを併用したり、何らかの工夫をしている人が成功者には多いのです。

 

アンドロペニスを利用できる人は限られてしまうかも知れませんが、昔から販売されているペニス増大器具です。販売暦が長いということは、ペニス増大に成功している人がいる証でもあります。

 

もし、あなたの生活環境がアンドロペニスを使用することを許してくれるのであれば、使ってみる価値は十分にあるでしょう。

 

あとは購入前に、痛みと戦う覚悟をするだけです。